ネットショップ初心者でもバカ売れする3つの商品②


前回の記事の続きです。
前回は、型番商品と非型番商品について説明しました。
ネットショップ初心者でもバカ売れする3つの商品①
今回は、2番についてお話します。

  1. 型番商品と非型番商品を知る
  2. 仕入れと受注生産を知る
  3. 20対80とロングテールを知る

受注生産というと、

「いやいや、うちはメーカーじゃないよ。」

などと思われるかもしれませんが、
意外と受注生産で販売されている方は多いです。

例えば、パワーストーンブレスレットや売れ筋のスマホケースなんかもそうです。
実は、スマホケースって特殊な印刷機で絵柄をクリアケースに印刷しているだけなんです。

仕入れをするとどうしても、
不良在庫や在庫切れによる機会損失が生じてしまいます。
利益をだしたいのであれば、受注生産できる商品を検討してみるのはいかがでしょうか。

その場合、材料を中国や韓国から安く仕入れて、生産することが大切です。
前回の記事でもお話したように、海外から安く仕入れるにはアリババに出店している業者に連絡をとることです。
日本語堪能な中国人が鼻息あらく連絡を返してくれます笑

mixiのコミュニティで探すという手段もあるみたいですね。
ネットショップを始める場合、商品仕入先はどうやって探しますか?

売りたい商品があって受注生産は無理!という方は、
まずは在庫を持たずにドロップシッピングで販売するのをおすすめします。

狙いは、受注処理やメール対応になれること、
売れ筋の商品やトレンドを知ることです。

私の知り合いで月商250万円程、プチプラのレディースファッションで売っている方は、
3ヶ月目で仕入れ比率20%、半年で50%くらいを目安にするといいと言っていました。

要はリスクをとらず徐々に利益率を高めていくことが大切です。
メールマガジンを配信できるリストが1000件程度まで増えてくれば、仕入れで在庫を持って販促をかけてもいいでしょう。
それまではドロップシッピングで売りつつ、プレゼント企画などでリストを増やすことが大切です。

そういった売り方でDeNAショッピングを攻略したそうです。
では、次回は20対80とロングテールを知るについてお話します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>